二本松市の石材店ミナト石材です。お墓のことならミナト石材まで。

二本松市のお墓のことならミナト石材

0243-55-3156

メールでお問い合せ

連絡先

トップページ > 二本松市の国産墓石

新型コロナウイルス感染拡大の影響により。

社長の湊和也です。

中国武漢を発端とする新型コロナウイルスが世界的規模で感染が拡大しております。まずはこの影響で亡くなられた方へ心より御冥福をお祈りいたします。

ここ日本でも日々感染者が増えていく状況。人が集まる催しの自粛や学校の休校など毎日何かと混乱が続いています。長女が通う小学校は本日から休校。本人は長い春休みを満喫する予定のようですが、親としては年度末の大事な時期に全く授業がなくなってしまうのはやはり心配ですね。一日でも早い収束を祈るばかりです。

現在、石材業界では新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、中国産墓石が入荷とならない状況が続いています。石材輸入商社さんのお話では、だんだんと中国の石材工場は稼働が始まっているとのことなのですが、入荷の時期など全く先行きが見えていない状況となっています。通常稼働となりましても、今度は「中国産墓石製品を積んだ船が通常通りに日本へ入ってくることが叶うのだろうか?」といった心配が出てくるのではないだろうかと僕は考えています。そのためこういった事態になる前に中国加工で御契約となっていたお仕事は、お客様に完成期限延長の御理解を賜り着工をお待ちいただいている状況です。

春彼岸が近くお墓への関心が高まっている時期ですので、弊社としてはお墓の新設やお墓のリフォームなどの様々な御依頼が続いています。しかしながらこういった状況でございますので、中国産墓石を御希望であれば完成期限に十二分な余裕を確保させていただくことをお客様に御理解いただいております。また、なるべく早い完成を御希望でございましたら国産墓石や国内加工を御提案させていただきたいと考えております。弊社がお客様が御希望の石材を保有していればもちろん自社加工を行う予定です。まだまだ落ち着かない状況ではありますが、亡き御家族様の御供養のために「お墓を建てたい・お墓を直したい」とお考えの方がいらっしゃれば、まずはお気軽に御相談くださいませ。

余談ですが・・・・・。

石材業界は長いこと安価な中国産墓石に甘えてきました。まあ現在は決して安価ではないのですが(^_^;)正確に言うと、高価で質の高い加工を行う工場と安価で質の低い加工を行う工場と二極化している状況でしょうか。

とりあえず国産墓石を扱わない石材店や自社加工を行わない石材店は現在大変な状況にあると予想できます。弊社は自社加工できる環境を何とか維持してきました。おかげでこの状況にも柔軟に対応できています。

これからの時代の石材店選びの基準。

自社工場を保有しているか否か。

ここは重要であると僕は考えています。

春彼岸までの戒名彫刻の御用命について。

社長の湊和也です。

2月とは思えない暖かい日が続いています。この暖冬にはたいへん助けられまして、地元の西念寺様寺墓地の土砂崩れ復旧もスムーズに進めることができ、昨日完了となりました。

まだ痛々しい状況ではありますが(^_^;)

この後、土留め石積みの見積りを作成します。

この復旧の中で、被害が出てしまったお墓の持ち主の方々から「ほんとうにありがとう。」とありがたいお言葉をたくさん賜りました。このお言葉が私達の日々の原動力であるとあらためて感じた次第です。

さて。春のお彼岸までおおよそ約一か月。現在弊社では「春のお彼岸までに」といった戒名彫刻の御用命が立て込んできました。暖冬であるため積雪がなく現場での戒名彫刻も例年ほどの手間がかかりませんので、随時ペース良く進めていきたいと思います。春のお彼岸が目前に迫った頃の御用命ですと間に合わない可能性が出てきてしまいます。ですので、春のお彼岸までを御希望でございましたら、なるべく早めの御用命をお願いいたします。

作業中の一枚。

暖冬で暖かいといってもさすがに半袖での作業は厳しいですね(^_^;)

こちらは夏場の作業中の写真です。

WEBサイト掲載用の設計データを増やしています!!

社長の湊和也です。

本日は立春。暦の上では春となります。例年ですと、まだまだ寒さが厳しく真冬の真っただ中ですが、今年は暖冬の影響で「春はもうすぐそこ」と錯覚してしまうような日が続いていますね。現在は地元の西念寺様寺墓地の土砂崩れ復旧を進行中。おおよそ7割は完了したといったところ。今週中もしくは来週初め頃にはすべて完了したいものです。

さて。弊社WEBサイトの[墓石紹介]のページを充実させるべく、昨年導入した新しいCADを使って日々設計データを増やしています。

石の色など非常にリアルに出力が可能です。お客様の御自宅での打合せの際は光沢紙にプリントしてお渡しするのですが、印刷したものでも「見やすい」「分かりやすい」「完成イメージが掴みやすい」と大変好評でございます。

春には[墓石紹介]コンテンツのリニューアルが叶うように日々ストックを増やしていきたいと考えています。

台風19号による土砂崩れの復旧作業を進めています!!

社長の湊和也です。

あけましておめでとうございます。どなた様にとりましても新年が実り多き一年となりますことを心より祈念いたします。

と。年頭の御挨拶も下旬に差し掛かった頃ですと少々時期はずれな感覚がございますね(^_^;)

弊社は1月6日㈪から今年の営業を開始いたしました。今年最初のお仕事は墓所新設工事。先日無事に完成を迎えました。こちらです。

このお仕事に関してはこちらで詳しく書いていますのでぜひ御一読ください。

令和2年!!最初の墓所新設工事が完成いたしました!!

現在はこの土砂と格闘中。

昨年10月の台風19号により地元の寺墓地に土砂崩れの被害が出てしまいました。被害の出てしまったお墓。地元の「墓守」としてはそのままにしておくわけにはいきません。春のお彼岸にはきれいに元通りになった状態でお墓参りできますように、この冬はこの復旧作業を着実に一歩一歩進めたいと思います。

それしてもこの土砂の量。

果てしない(^_^;)

年末年始休業期間の御案内。

社長の湊和也です。

クリスマスが終わりましたら一気に年末の雰囲気が増してきました。弊社では昨日年内予定のお仕事がすべて完了して現在は社内の片付けに励んでおります。社内をきれいにして清々しい気持ちでお休みに入りたいと思います。

さて。弊社の年末年始休業の御案内でございます。

12月29日㈰
12月30日㈪
12月31日㈫
1月1日㈬
1月2日㈭
1月3日㈮
1月4日㈯
1月5日㈰

上記の8日間を年末年始の休業期間とさせていただきます。休業期間ではありますが、お電話やメールでのお問い合わせには随時対応してございますので、何かございましたらお気軽に御連絡くださいませ。御来店希望でございましたら事前に御一報いただけますと大変ありがたく存じます。

大変ありがたいことに今年もたくさんの御縁に恵まれて、無事に年内のお仕事を終えることができました。御縁を賜りましたお客様、取引先の皆様、会社の皆様、そして家族へ心より深く感謝申し上げる次第でございます。本当にありがとうございました。

「お仕事おひとつおひとつを丁寧に確実に」

私のこの想いはこれからも変わることはありません。サービスの向上・技術の向上・お客様満足の向上などなど、新年も常に上を目指して歩んでいきたいと思います。

今年もたくさんの難現場がございました。

他の石屋さんがやりたがらないような手間のかかるお仕事をしっかりとやる。ここは弊社の得意とする部分であり、生き残りの一つの手段でしょうか。ちなみに新年最初のお仕事も難現場。石塔・外柵全て担いでの人力搬入となります(^_^;)それに向けてお休み中はしっかりと体を休めたいと思います。

どうぞ皆様。良いお年をお迎えくださいませ。

㈲ミナト石材は「2019 いわしろ夏祭り」を応援しています!!

社長の湊和也です。

「娘達が夏休みに入ったな~。」
「今年も仕事柄なかなかお出掛けできないな~。」

こんなことを考えながら日々を過ごしていましたら、気が付けば早いものでお盆が目の前。今年はお盆またぎで大きな工事を進めているので、例年ほど慌ただしいお盆前ではないのですが、やはりお盆前の週末に娘達との時間をしっかり確保することは叶わず。それではお盆休みにたっぷりと・・・・・といきたいところですが、地域で事業を営む者としましてはやらねばならないことが。

2019 いわしろ夏祭り!!
8月13日㈫に開催いたします!!

いわしろ夏祭りはあだたら商工会青年部の岩代地区部員が実行委員会を組織して開催しています。少ない人数また限られた予算での運営ですので、派手さはなく、手作りの慎ましやかな夏祭りです。でも手作りである分、地域密着のあたたかみのある夏祭りだと僕は感じています。

小さな夏祭りのため「やってもやらなくても変わらないんじゃん。」こういった意見があるかもしれません。運営側としては、ないならないで体は楽だな~と僕も思います。

しかしですね。

「自分達が楽できる」「自分達の負担が大きい」こういったことは大きな問題ではなくて、小さな夏祭りだけど、この夏祭りを楽しみにしてくれている地域の子供達のために僕達は毎年励んでいます。

自分達が子供の時、地元の夏祭りの日って、不思議と心がドキドキワクワクしなかったでしょうか?この気持ちは今の子供達もきっと同じはずなのです。地元のお盆に何もイベントがないのは物悲しい。僕達は地域の子供達の笑顔のために頑張っているんです!!

本番まで残り一週間。当日事故やトラブルが起きないように、残りの段取を鋭意進めていきたいと思います!!

お時間に余裕のある方はぜひ御来祭ください!!

㈲ミナト石材は「2019 いわしろ夏祭り」を応援しています!!

お盆期間の休業の御案内。

社長の湊和也です。

いや~暑い(笑)もう笑うしかありません(笑)ほんとうに暑過ぎです(笑)

そのせいなのか。今年の夏は地元消防署からの救急車の出動が多いように感じます。炎天下での屋外作業は熱中症のリスクが高いです。無理だけはなさらぬようよろしくお願いいたします。屋内にいても熱中症の可能性がございます。冷房や扇風機を使用して発汗を抑えるような環境にすることを怠らないようにお願いいたします。

さて。弊社のお盆期間の休業の御案内です。

8月11日㈰
8月12日㈪ 営業いたします
8月13日㈫
8月14日㈬
8月15日㈭
8月16日㈮
8月17日㈯ 営業いたします
8月18日㈰

変則的ではありますが、8日間のうち営業日を二日間設けて六日間の休業とさせていただきます。

休業日でありましても、お電話やメールでのお問い合わせには随時対応してございますので、どうぞお気軽に御連絡くださいませ。

御来社希望の際は事前に御連絡いただきますとスムーズな対応が可能でございますので、その際は事前の御連絡をよろしくお願いいたします。

冒頭でも書きましたが、今年はほんとうに大変暑い夏でございます。レジャーの最中でも熱中症の危険はございますので、体調に留意してどうぞ楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。

お盆までの戒名彫刻の御用命はお早めにお願いいたします。

社長の湊和也です。

7月も中旬に入りました。まだまだ梅雨の真っ只中。一日も早い梅雨明けを祈るばかりです。それにしても涼しい日が続いています。まさに梅雨寒。体調を崩さぬようにどうぞご自愛くださいませ。

お盆まで約一ヶ月。石材業界は繁忙期に入りました。新規建上やリフォームなど墓地工事が忙しくなる時期でございます。加えて「お盆までに」といった戒名彫刻の御用命が立て込む時期でもあります。

戒名彫刻のお仕事の際、以前弊社にてお世話になりましたお墓であれば、場所やお墓の状況など把握しております。しかし他社施工のお墓ですと弊社ではそれらを把握しておらず、一度お客様にお墓まで御案内いただく必要がございます。そのため通常より少しお時間が必要な内容となってしまいます。

また字の彫り間違いが発生しないように弊社では彫刻前に念入りな確認を行っており、それなりのお時間を要します。

そして天候。墓誌の取り外しができない場合は直接現地での彫刻を行いますが、基本的に雨天のもとでは作業が叶いません。

こういった理由からお盆が直前に迫った時期での御用命ですと、お盆に間に合わない可能性が発生してしまいます。ですのでお盆までの戒名彫刻の御用命はなるべくお早めに御一報いただければと思います。

梅雨の真っ只中。墓地内張石工事を進行中です。

社長の湊和也です。

6月も下旬。梅雨の真っ只中でございます。現在は二本松市岳地区にて大規模な墓地内張石工事を進行中です。

先週の土曜日に石畳の下地となるコンクリートの打設を終えたので、本日は「いざ張石作業!!」・・・・・といきたいところでしたが、朝から本格的な強い雨。

無理をすると他家墓所を汚してしまったり墓地通路を荒らしてしまったりするリスクがありますので、本日は現場は休止といたしました。

明日は天候が回復するようですので、本日の分を取り戻すことができるように作業に励みたいと思います。

板石や資材は準備済み。明日は出社次第に積み込みして現場へ向かう予定です。

石材は濡れたり水分を含んだりしますとボンドでの接着が叶いません。そのためボンド接着などがある日は雨天を避けたいところ。ですので雨が多く湿度が高いこの梅雨時期は石屋にとっては頭の痛い季節です。

この時期のお仕事の遅れがお盆前土壇場で効いてきますので、一日も早い梅雨明けを祈るばかりでございます。

令和最初の墓所新設工事を進めています。

社長の湊和也です。

新しい元号「令和」になりまして三週間が経過しようとしています。現場への往復時など周りを見回すと田植えを終えた田んぼの様子が目に入るようになりました。「田んぼの水が少ない。」といったお話を耳にすることがありましたが、本日これから降るであろう雨で間に合うでしょうか。災害にならない程度の雨であれば助かりますね。

現在弊社では令和最初の墓所新設工事を進めています。新しい時代の幕開けにお墓を新しくおつくりするお仕事の御縁を賜りました。誠にありがとうございます。心より深く感謝申し上げます。

こちらは今回の工事で建上する和洋型石塔です。昔ながらの和型石塔と今風の洋型石塔の中間のお姿。

「和型石塔では背が高すぎるな~。」
「かといって洋型石塔では背が低すぎるな~。」

こういったお客様におすすめの石塔となります。御位牌のような佇まい。存在感がありますね。実は僕・・・・・和洋型石塔が大好きなのです!!

こちらの石塔は現在文字彫刻のバランス確認のため工場内に仮組みしています。お客様に確認いただきました後に彫刻作業に移行します。

令和最初の石塔への文字彫刻。心を込めて作業して納得の出来を目指したいと思います!!

ミナト石材SNS

  • twitter
  • instagram
  • facebook

このページの先頭へ